SINCE            1962

Menu

(おしらせ)

【10月14日(月)・22日(火)の指導について】

 10月14日月曜日(体育の日)は、午前10:00~12:00まで指導いたします。

10月22日火曜日(即位の礼)は練習をお休みいたします。

 ☆毎週土曜日・長井ゼミハンス五日市校内にて、そろばんの指導を行っています。

現在、長井ゼミ教室は定員に達しましたので、受付を終了しております。ありがとうございました。

【検定試験の実施日】

 10級から4級(そろばん・暗算・日本珠算連盟)

10月21日(月)~24日(木)

 3級から段位(全国珠算学校連盟)

11月24日(日)まで

 

〒731-5127

広島市佐伯区五日市2-10-4

 地図

TEL 082-921-1907

Mail 

kataoka.soroban@gmail.com

 

 

 

    

 

 (加盟) 日本珠算連盟・全国珠算学校連盟・SSKCLUB

TOP指導日・月謝よくあるご質問

アバカスクラス算数教室書き方教室

毎週、月・水・金曜日18:10・土曜日15:00より体験授業を行います。ご希望の方は、電話またはメールなどでご予約のうえお越しください。

【年長児・1年生部】

アバカスクラスのご案内

 

 

アバカスクラスでは珠が実際に10個ある

計数そろばん(アバカス)を使用します。

計数そろばんは実際に珠が10個あることから

算数の基礎となる十進法を無理なく学べます。

また「3と3で6」「2と4で6」「1と5で6」といった数の構成も計数そろばんを使用することで確実に理解できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一年生の算数には「具体物を数えることを通して120程度までの数を唱え、系列を理解する」という項目があります。

一年生であれば「1.2.3・・」と100まで唱えることは難しくはありません。ですが実際に「もの(具体物)と数詞を対応させながら100まで数える」となると、一年生の生徒にとっては難しい作業となります。

教室においては、チップと呼ばれる木片の具体物と数詞を対応させながら学習をしていきます。その際、ただ数えるだけではなく10ずつ束にしながら計数し「10が10こ集まると100になる」といった数の構成も同時に学習していきます。

 

 

 

 

 

 「2と3で5」「3と2で5」「5から3とる2のこる」といった数の合成と分解は、そろばんだけでなく学校の算数においても大変重要な学習項目です。

教室ではイラストのようなパズルを用いて、5から10の合成・分解を学習していきます。

こども達が実際に手で触れたり操作をすることから、より深く確実に数の合成・分解を学習できます。

 

アバカスクラスにおきましては、通常のそろばんの準備段階として豊かな「数の観念」の育成を目指しています

※「数の観念」の詳しい解説は啓林館・算数用語集1年「観念と概念」をご覧ください。

 年長児さんの指導は火・水曜日の午後3時~4時に行います。

 

教室内の出来事などを

書き綴ります。

☆パチパチ通信☆

 

 

 

 

 

 

教室のマスコット

パッチーとクックです。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

年長児・1年生さんは通常のそろばんの準備段階として、実際に珠が10個ある計数そろばんをはじめパズル・チップなど様々な教具を使用します。これらの教具は豊かな数の観念を育みます

☆より詳しく☆